パンの缶詰の賞味期限について

パンの缶詰は、もともとは美味しいパンをいつまでも長持ち
させるために作られたものです。

魚や果物の缶詰など、一般的な缶詰が保存食として長持ちするのと
同様に、パンの缶詰も長持ちします。

パンの缶詰の賞味期限は、だいたい1年〜5年ぐらいです。

この賞味期限は、メーカーやパンの種類によって異なっておりますが、
最低でも1年は持ちます。

平均的に見ると、3年持つものが多いですね。

このため、もし災害に備えるための保存食・非常食として購入する
のであれば、3年〜5年の賞味期限のパンの缶詰を購入する必要が
あると思います。

ただ、賞味期限の短いものでも1年間は持ちますので、
期限が近づいてきたら美味しく食べて、また買い直すという方法も
良いかもしれません。

パンの缶詰は、災害時には間違いなく大きな役割を果たしてくれる
と思います。


ぜひ、一家にいくつかは備えておきたいですね。

Sponsored Link